2017.02.25sat kariyushi no yoru vol.15ライブレポート

2017.02.25sat kariyushi no yoru
vol.15ライブレポート

『春にゴンドラ』と称された今回のかりゆしの夜は、慌ただしく過ぎ去るこの時期の『時間』を見事なまでの演出で刻まれた。

美らBAND。彼らの奏でる音楽は、今回も音楽の域を超えたメッセージを提供してくれた。

2部制で構成されたLiveセットの中で、アップテンポのチューンからバラードまでを取り入れ、会場の空気を操った。

MCの局所に、『卒業』や『門出』のエピソードを盛り込み、メンバーならではの表現でエールを送る。

そう、今回のかりゆしの夜は何より、青春そのものだった。

この日はLive会場でもある、琉泡楽園美らのアルバイトスタッフも当事者となり、一曲一曲を胸に刻んだ。

Live後半、パーカッションの寺岡が言った、『僕たちはいつも残されるんです』という言葉には優しさと儚ささえ感じた。

送り出す人、送り出される人、思い思いの時間を音楽が繋げ、そうしてかりゆしの夜が構成されていることに自ずと感じられる。

Live終了前にボーカルの河内が言う。

『人を信じること。人を大切にすること。』

すべてを物語るそのメッセージで、ラストの『うたのうた』の演奏が始まり、Liveは圧巻の空気感と感動を残し終演となった。

走り続ける彼らだからこそ、その時々の一コマを描写し、聴く者の心に足跡をつける。

〜かりゆしの夜〜は単なるLiveパーティーではなく、暮らしの中にある贅沢な節目であることを、思い知らされる夜となった。

Team chura entertainment
高岡 敦

17021758_998411280259642_8166070228956576102_n